豊胸手術するなら



豊胸手術について

豊胸手術の方法と種類について
豊胸術をするには、いくつかの方法がありますので、自分が納得できる方法を選択する必要があります。
その豊胸手術は主に3種類の方法に分類されます。
それは胸に何を注入するかで呼び名が変わってきます。
脂肪を注入する脂肪注入豊胸、シリコンバックを入れるシリコンバッグ豊胸、ヒアルロン酸を入れるヒアルロン酸豊胸です。
脂肪を注入する豊胸方法は自身の脂肪細胞を取って、それを胸に移植することで豊胸を行うます。
注入した細胞がそのまま胸に定着するわけではないのですが、採取して注入した脂肪に含まれている幹細胞が時間が経過すると置き換わっていくので、胸のボリュームが欲しい部分に脂肪がつくのです。
シリコンバッグ豊胸法は胸のボリュームをだすことに一番有効な手段と言われています。
また、体内に吸収される事は無いので、入れた後の形が継続し、また取り出したくなったら取り出すことができます。
ヒアルロン酸豊胸は、傷が小さくて済むので、身体への負担が少ない方法です。

そこで、豊胸手術で有名なクリニックを紹介します。


豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック 池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック

テレビやマスコミでも大人気の豊胸手術の名医・女医:池田ゆう子さんのクリニックです。
脂肪注入法豊胸手術専門として、過去10年間で5000件を超える豊胸手術を執刀。
バストを大きくしたい、授乳後にバストサイズダウン、プチ豊胸など、豊胸の悩みにも応えてくれます。
豊胸手術 池田ゆう子


湘南 美容外科 クリニック 湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック

テレビCMでも有名、施術数、症例からも安心して豊胸手術相談が可能。
豊胸手術の進歩により、気軽に豊胸手術を受ける女性が増えています。
実際に施術を受けた患者さん症例写真を元に、ドクターがわかりやすくプロセスを説明してくれます。
豊胸手術 湘南美容外科


東京ISEAクリニック 東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック

コンデンスリッチ豊胸で理想のバストを手に入れたい方へ
月々わずか24,900円、豊胸症例数:3,000件以上の東京ISEAクリニックへ。
豊胸手術 ISEA


豊胸手術後の跡ってどうなの?

豊胸手術をしたい人にとって一番心配なのは、手術後に残るかもしれない手術跡のリスクではないでしょうか。一時期、モデルやグラビアアイドルなどの豊胸手術の痕を探し出して暴露するようなネット記事がよく話題にもなりましたよね。せっかくスタイルバツグンな彼女たちも、こういったことで暴露されたら恥ずかしいですし人気にも響くことがあります。
こういったことは有名人だけと思われますが、一般人であってもせっかく手術を受けるなら絶対にばれたくないですよね。そんな不安を持たないためにも、手術方法や手術を受ける医師、クリニック選びは慎重に行いましょう。
豊胸手術で傷跡が目立つと思われるのは、やはりシリコンなどのバッグを入れる方法です。バッグを入れるには結構大きめに切開する必要があります。そうなると傷も少し目立ってしまうでしょう。
目立たないと言われている脂肪注入が安心ですが、これには副作用や定着しにくいというデメリットもありますので、よく理解した上で決めることが大事です。


豊胸手術の成功と失敗の確率について
女性の胸の悩みを改善するために考案されたのが、豊胸手術という治療法です。シリコンを挿入する方法が広く知られていますが、現在では脂肪を注入する方法が開発されています。自分の皮下脂肪を吸引した後に、胸に注入するという流れであり、バストアップと共に部分痩せも同時に実現できるという画期的な方法です。
皮下脂肪を注入する豊胸手術は、自分の皮下脂肪を利用するので、拒否反応が起こりにくいという事もメリットとなっています。つまり、成功する確率が高いという事であり、美しいバストを安全に獲得できるという事です。触った感触も自然であり、見た目だけではない満足感を得られる内容です。
豊胸手術を行っているのは、美しくなるためのサービスを提供している美容外科という医療機関が中心です。傷跡が残ったりしこりが生じる様な不具合が発生した場合は、保証制度を用意している美容外科も存在しています。失敗する確率はゼロではないので、メンテナンスが確立している美容外科を選択するのが適当となります。


ヒアルロン酸を利用した豊胸手術について
ヒアルロン酸を注入するタイプの豊胸手術の大きな特徴は身体にメスを入れなくても済むという点です。施術方法はいたってシンプルで、注射で片方ずつヒアルロン酸をバストに注入するというものです。施術時間は大体20分から長くても30分以内で終わりますし、手術した後クリニックに通う必要もありません。よりサイズアップしたい場合も追加しやすい点も魅力です。
ヒアルロン酸を注入する豊胸手術のもう一つの特徴は、もともと人体にある成分を注入するので、アレルギーがほとんど起こらないという点です。触った時の感触やバストの形状も違和感がなく、自然に仕上げることが可能です。また、最近では人体に吸収されにくい低吸収ヒアルロン酸も開発され、豊胸手術にこれを用いているクリニックも増加しています。通常のヒアルロン酸注入なら持続期間は二年程度なのですが、低吸収ヒアルロン酸の場合は一度注入すれば、十年近くバストサイズを持続させることが可能です。