シリコン豊胸はやめた方がいいの?メリット・デメリット



豊胸 シリコン

シリコン豊胸はやめた方がいいの?メリット・デメリット
自分のバストサイズに自信のない方はい外にも多いです。男性は、その辺のことをあまり重要視しないというデータもあるのですが、やはり、自分のアイデンティティーとして、自分らしさを獲得したいと考えている方は多いのが現状です。ですから、そのような女性は、豊胸手術を行うことも少なくありません。豊胸手術は、基本的には乳房に希望の大きさのシリコンを挿入することで、擬似的にバストサイズを増強させるものです。シリコンの分だけ、当然バストサイズは上昇しますが、シリコン自体には生物学的機能は全くないので、生活するうえでは邪魔になってしまう可能性もあります。また、豊胸手術の際に挿入するものは、シリコンバッグの形になっています。ある程度の大きさのバッグに注入されている形をとっているので、もし乳房内でバッグが破裂してしまった場合には、シリコンが乳房内にもれ出てしまうことになってしまいますから、乳房の毛細血管や神経を損傷させる恐れがあり、緊急摘出手術を行うことになります。かなり、リスクもあるということを考えておく必要がありそうです。

そこで、豊胸手術で有名なクリニックを紹介します。


豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック 池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック

豊胸手術 池田ゆう子


湘南 美容外科 クリニック 湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック

豊胸手術 湘南美容外科


東京ISEAクリニック 東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック

豊胸手術 ISEA


豊胸の方法について
行う前に知っておきたい!豊胸の方法について
多くの女性は胸を大きくしたいと考えます。胸が大きければ様々な服装にチャレンジできますし、水着姿にも自信を持つことができます。また男性の多くも胸の大きな女性に惹かれることもあります。豊胸には様々な方法があります。とても簡単で手軽に行えるのはヒアルロン酸注射です。もともと体の中にある成分を注射器で体内に入れるため、拒否反応などは起きないというメリットがあります。しかしながら、体内にあるような成分であるため、施術後三年ほどで吸収分解されるという側面も持っていますので、継続を目的にするものではなく、手軽さや一時的な欲求を満たすための手段でもあります。またシリコンバッグを入れる方法ですと、胸部を切開して、好みのサイズにするためのシリコンを挿入して、そこを縫合します。そのような方法であれば、本物さながらの感触にもなります。しかしながら、切開と縫合という手段に抵抗がある人はしっかり検討することが必要です。