バストアップ手術後の見た目・シルエットが気になる



バストアップ手術 見た目

バストアップ手術後の見た目・シルエットが気になる
バストアップ手術を受ける際に気になる事と言えばやはり手術後の見た目についてではないでしょうか。
やはり自然な見た目になって欲しいものですが、技術力の高い医師に手術をしてもらえば天然のバストと変わらぬ美しい見た目になる事ができます。
しかしながら医師の技術レベルが低かったり、生体反応によって違和感のある仕上がりになる可能性もあります。
例えばバストアップ手術の定番としてシリコンバッグの挿入が挙げられますが、医師の技術レベルが低い事によってしっかりと固定する事ができなかったり、生体反応によって発生するカプセル拘縮によって不自然な見た目になってしまう事もあるのです。
その為、手術を受ける際には実績が豊富な病院を利用する事が大切ですし、また、手術後のアフターケアもきちんと行うようにしなければいけません。
価格が安いなどの理由で安易に利用先を選んだり、面倒だからとアフターケアを疎かにすると余計な費用や手間が掛かってしまう事にもなりますので注意が必要です。


そこで、豊胸手術で有名なクリニックを紹介します。


豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック 池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック

豊胸手術 池田ゆう子


湘南 美容外科 クリニック 湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック

豊胸手術 湘南美容外科


東京ISEAクリニック 東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック

豊胸手術 ISEA


池田ゆう子の豊胸と脂肪吸引の内容について
池田ゆう子クリニックで行っている豊胸は、脂肪注入法による豊胸術で ノーマルバストアップ(脂肪注入法豊胸術)と呼ばれています。
ノーマルバストアップは、脂肪吸引量によって、1.5から2カップまでのバストアップが望むことが出来ますし、メスを使わず注射による手術ですので痕が残る事も殆どなく、局部麻酔で行う手術ですので身体への負担も最小限に抑える事が出来ます。
脂肪注入法でのバストアップでしたら、女性らしい豊かで丸みのある美しいバストを手に入れる事が出来ますし、自分自身の脂肪を胸に利用しますので、術後の違和感や身体への負担が少なく異物による後遺症もありません。
脂肪注入法でのバストアップの方法は、自分の身体にある余分な脂肪吸引をし、それをバストに注入します。
脂肪は気になる部位のどこからでも吸引する事が出来、脂肪吸引した物をそのままバストに利用しますので、不自然な硬さが無いですし、レントゲンに写る事もありません。
池田ゆう子クリニックで行われている豊胸でしたら、自然で柔らかく、そして形の良い美しいバストラインを手に入れる事が出ます。