脂肪注入で豊胸すると”しこり”がきるの?



脂肪注入 しこり

脂肪注入で豊胸すると”しこり”がきるの?
豊胸する方法の一つに脂肪注入があります。
自身の身体から脂肪を抽出して胸に注入する手術ですが、シリコンバッグなどを入れる手術と違い、自然な仕上がりになるのがメリットです。
しかし、脂肪注入にはデメリットもあり、例えばしこりが発生する可能性があります。
しこりがある事によって違和感のあるバストになってしまいますが、なぜしこりができるのかと言いますと、注入した脂肪の石灰化が挙げられます。
脂肪注入をした場合、全ての脂肪が定着する訳ではなく、時にはしっかりと定着せずに石灰化してしまう事があるのです。
そしてしこりとなって残ってしまう訳ですが、それが脂肪注入の一つのデメリットです。
ただし、確実にしこりができてしまう訳ではありません。
例えば少量ずつ丁寧に注入していく事によって定着率が高くなりますし、石化化も発生し難くなりますので、しこりになる可能性も低くなります。
反対に一回で沢山の量を注入してしまうと、細胞細胞に栄養が行き渡らず壊死して石灰化してしまう事があるのです。

そこで、豊胸手術で有名なクリニックを紹介します。


豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック 池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック

豊胸手術 池田ゆう子


湘南 美容外科 クリニック 湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック

豊胸手術 湘南美容外科


東京ISEAクリニック 東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック

豊胸手術 ISEA



豊胸手術とそのアフターケアの重要性について

定番の豊胸手術としてシリコンバッグなどの挿入が挙げられますが、手術後はしっかりとアフターケアをしなければいけません。
どんなケアが必要になるのかと言いますと、まずマッサージが大切です。
バッグを挿入した場合、身体の防御反応によってバッグが異物とみなされてしまい、そしてバッグが被膜によって覆われてしまう事があります。
被膜に覆われる事によってバッグが圧迫されてしまい、その結果不自然なバストになってしまう事があるのです。
また、最悪の場合はバッグが破壊される事になりますし、シリコンなどが内部で漏れてしまうと取り除く為の手術が必要になります。
そういったトラブルを防ぐ為にもきちんとマッサージを行い、被膜とバッグの密着を予防する必要があります。
他にも手術を受けた後には絶対安静する事も重要です。
手術は身体への負担が大きいですし、無理をしてしまうと思わぬ健康被害を生み出す事もありますので、術後はゆっくりと休む事が大切です。