脂肪注入による豊胸とその方法について

豊胸手術 脂肪注入

大きな胸は女性の憧れですね。最近バストに不満を持つ方で、豊胸手術を希望される方が増えています。

豊胸手術には、バッグ(人工乳腺)法やヒアルロン酸注入法などさまざまな方法がありますが、一番人気があるのが「脂肪注入豊胸術」です。


豊胸手術 脂肪注入

脂肪注入法は、自身の余分な脂肪を太ももやお尻、腹部など気になる部位から吸引し胸に注入する方法です。


脂肪ですので、不自然な固さもなく、女性らしい豊かな丸みのあるバストを手に入れることが可能です。


バッグの挿入は、身体が異物と判断して排除しようとしてカプセル拘縮が起こり固く不自然な形になったりすることがありますが、「脂肪注入豊胸術」は自分の脂肪ですので、異物による後遺症の心配もありません。

脂肪注入豊胸術

手術もリスクが高いといわれる全身麻酔や硬膜外麻酔は使用せず、局所麻酔で行われるので術後その日に帰ることができます。


ですので、豊胸には脂肪の定着性が高く自然なやわらかさと美しいバストラインが手に入る「脂肪注入豊胸術」がおすすめですよ。




口コミで人気!豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック 口コミ 池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック


豊胸手術 池田ゆう子


湘南美容外科クリニック 口コミ 湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック


豊胸手術 湘南美容外科


東京ISEAクリニック 東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック


豊胸手術 ISEA


脂肪注入による豊胸とその石灰化とは

脂肪注入による豊胸手術では、まれに石灰化が起こることがあります。


脂肪注入 豊胸

<石灰化とは脂肪注入した周りが炎症を起こしたときに、体液に含まれるカルシウムが結晶化してそのまま沈着し、固くしこりになる状態です。/code>


豊胸で脂肪注入の際には、不純物は取り除いてから注入しますが、一ヶ所に大量に脂肪注入を行うと、内側の脂肪には血管が届かないため、栄養分が行き渡らずに細胞が壊死してしまいます。


これが炎症を引き起こす原因となり、石灰化してしまうのです。


豊胸 石灰化
石灰化を防ぐためには、良質の脂肪を注入することと、1ヶ所に集中して注入しないこと、そして1度に大量の脂肪を注入しないことがあげられます。


もし手術後にしこりを感じたら、早めにクリニックに相談してください。

もし石灰化した場合は、固くなった脂肪を外科的手術で摘出する方法や、マンモムートという機械で石灰化した脂肪を削り取る方法があります。


また早めの発見であれば、マッサージなどで改善する場合もあります。