手術で得られる胸の柔らかさについて



豊胸手術で得られる胸の柔らかさについて

豊胸手術 柔らかさ
豊胸手術をした場合に、自分のバストがどのように変わるのかはとても気になるでしょう。触った時に、違和感があるような柔らかさにならないだろうかとは思いませんか。あまりにも本物のバストとは違うようでは、自分でもあまり良い気持ちではないでしょう。

ほとんどの方法で、あまり本物のバストと触った感じは変わらなくなりました。自分の脂肪を注入する方法は同じ自分の脂肪ですから、ほとんど違和感はないはずです。また、注射であっても触った時に 豊胸手術をしたとはわからないでしょう。

シリコンバッグの場合もあまりわからないでしょう。ただ、シリコンバッグの場合は、多少違う触り心地と感じることもあるかもしれません。ただ、シリコンバッグであっても、あまり区別はつかないくらい、本物のバストと変わらない柔らかさになっているので、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。よほど敏感になればわかるかもしれない程度で、多少硬いと感じる程度です。

そこで、豊胸手術で有名なクリニックを紹介します。


豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック 池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック

豊胸手術 池田ゆう子


湘南 美容外科 クリニック 湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック

豊胸手術 湘南美容外科


東京ISEAクリニック 東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック

豊胸手術 ISEA


脂肪注入による豊胸とその定着率について
自然な仕上がりになる豊胸手術として人気なのが脂肪注入ですが、気になるのが脂肪注入をした時の定着率では無いでしょうか。
仮に100ccの脂肪を注入した場合でも100ccがそのままバストに残る訳ではありません。
20%~40%程度しか残らないのが一般的ですので、なかなか理想のバストサイズにならない事もあります。
しかしながら、定着率をアップさせる為の方法もあるのです。
例えば脂肪幹細胞注入法という手術方法もありますが、密度の高い幹細胞を利用する事によって定着率を80%程度までアップさせる事ができます。
この手術方法は色々な病院で採用されており、定着率をアップさせられる手術方法として人気です。
他にも複数回に分けて手術を行う方法もあります。
少量ずつ脂肪を注入し、そしてしっかりと定着させた後に再度注入するという手術です。
少量ずつ注入する事によって定着率がアップするメリットが生まれますし、他にも石灰化やしこりを発生させ難くできるというメリットもあります。