術後の腫れについて

豊胸手術と術後の腫れについて

豊胸手術 腫れ
年齢と共に、または出産と授乳を終えて、気がついたら女性らしさの象徴であったはずの胸が垂れ下がってしまっている。その時のショックは計り知れないものでしょう。そして、もともと胸が小さくてコンプレックスを抱え続けてきたという人も少なくないはずです。胸を豊かにふっくらとさせたい人にとって豊胸手術は憧れであり、願望を叶えてくれる魅力的な手段の一つでしょう。
しかし、手術というと少し怖いようなイメージを持ってしまいますね。痛みは大丈夫なのかな、腫れはどのくらい続くのだろうと不安は尽きないでしょう。手術中は麻酔をしますので痛みはほとんどありません。しかし術後は麻酔が切れると少し痛みます。一、二日は絶対安静でいます。そして一、二週間くらいの間は腫れが続くことが多いですが、仕事や家事などの生活を普通にすることができます。その後一ヶ月くらいの期間をかけて完全に腫れが引いてくるでしょう。腫れをもっと早く取りたいという人はインディバなどの器具を使用するなどの方法もありますので、手術を受ける病院でよく相談したり、自分でも情報を調べてから行うようにすると安心できますよ。

そこで、豊胸手術で有名なクリニックを紹介します。

豊胸手術で定評のあるクリニック

池田ゆう子クリニック
池田ゆう子クリニック
豊胸手術 池田ゆう子クリニック

豊胸手術 池田ゆう子

湘南 美容外科 クリニック
湘南 美容外科クリニック
豊胸手術 湘南 美容外科 クリニック

豊胸手術 湘南美容外科

東京ISEAクリニック
東京ISEAクリニック
豊胸手術 東京ISEAクリニック

豊胸手術 ISEA

豊胸手術と炎症について

豊胸手術をして豊かな乳房の素晴らしいスタイルに憧れる女性は多いです。様々なクリニックがいろいろな手術方法で豊胸手術をしています。その数例を取り上げていきます。多くの女性からの支持を得ているのは脂肪注入法によるノーマルバストアッププランです。この手術方法は池田ゆう子クリニックで、自分の脂肪を吸引した後、乳房に入れてバストを豊かにします。乳房に豊かな丸みが出て女性らしさがあります。術後の違和感はご自身の脂肪なのであまりありません。品川美容外科では2つの方法があり、一つはヒアルロン酸注入による豊胸手術は切りたく無いけど手術したい方や忙しくて時間が取れない方に人気の手術方法です。もう一つは人口入線パックがあり、希望の大きさに豊胸手術が出来ます。手術をすると、乳房が炎症を起こすのではないかという心配する意見もあります。そこで大阪のうまみ美容クリニックでは、少しでも出血をしないようにしたり、必要以上に剥離させないようにして身体への負担を少なくしていく配慮をしています。豊胸手術を希望する際、手術方法や炎症等の身体への負担をよく聞いて話し合い、成功出来るように納得のいく方法で手術することが大事です。